/

福井県専門委トップ、大飯の再稼働了承を示唆

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の安全性を審議する福井県原子力安全専門委員会(委員長・中川英之福井大名誉教授)は8日、福井県庁で会合を開いた。中川委員長は終了前の総括で「これまでの審議について順次整理したい」と述べ、早ければ次回の会合で再稼働を了承する可能性を示唆した。

会合では、大飯原発周辺の断層が連動した場合の揺れの評価手法や炉心への海水の直接注入の訓練状況など前回会合で委員から質問があった項目に、経済産業省原子力安全・保安院と関電の担当者が回答した。

委員からは関電や保安院に新たな回答を求める意見は出なかった。中川委員長は「これまでに質問した事項への対応は大体得られた」と語り、西川一誠知事に提出する報告書の取りまとめ作業に入る意向を示した。

滋賀県の嘉田由紀子知事は同日、都内で講演した。4月に京都府の山田啓二知事と表明した共同提言で、大飯原発3、4号機の安全性の評価に関する中立性の確保や、老朽化した原発の廃炉計画の策定などを求める7項目について「政府は見通しを立ててほしい」と注文した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン