慰安婦の少女像「中止を」 官房長官、韓国に求める

2011/12/8付
保存
共有
印刷
その他

藤村修官房長官は8日の記者会見で、韓国の市民団体がソウルの日本大使館前に従軍慰安婦を象徴する少女の像を設置しようとしていることについて「好ましくない」と不快感を示した。「日韓間の外交活動に否定的な影響を与えるべきではない」と述べ、韓国側に建設の中止を求めていることを明かした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]