/

鳩山前首相、在任266日に 「職務執行内閣」として4日間存続

鳩山由紀夫前首相の在任日数は266日(8日時点)と現行憲法下では6番目の短命に終わり、細川護熙氏の263日をわずか3日上回るにとどまった。

鳩山内閣は4日の閣議で総辞職した。ただ、後継の菅直人新内閣の発足が8日にずれ込んだため、憲法の規定によりその間は災害などの突発事態に対処する「職務執行内閣」として存続していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン