/

この記事は会員限定です

WTO事務局長にアゼベド氏 中国の支持、決め手に

[有料会員限定]

【ジュネーブ=原克彦】世界貿易機関(WTO)の次期事務局長にブラジルのロベルト・アゼベドWTO担当大使(55)が内定した。中国の後ろ盾をテコに、日米欧が支持したメキシコの候補を破った。ただ、頓挫した多角的通商交渉(ドーハ・ラウンド)の再開など難題が多い。9月の就任直後から多難な船出になりそうだ。

今回の事務局長選挙には過去最多の9カ国が候補を擁立、事前選考で2人に絞り込んでいた。関係者らによると米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン