/

この記事は会員限定です

維新八策、2つの顔 連携にらみ硬軟両様の戦術

衆院半減で踏み絵迫る TPP・脱原発は連携へ布石

[有料会員限定]

国政進出を正式に決めた大阪維新の会は、公約集「維新八策」に硬軟両様の戦術を仕掛けている。消費税地方税化など国の統治の仕組みを中心に抜本改革を掲げて連携相手に「踏み絵」を迫る。環太平洋経済連携協定(TPP)参加や脱原発などでは柔軟姿勢をにじませ、政権獲得を狙って幅広い連携への布石も打った。

維新八策の主な政策をめぐる民自公3党の立場
政策課題民主党自民党公明党
消費税の地方税化×××
道州制の導入
TPPに参加
脱原発依存体制の構築
衆院議員定数を半減×××

(○賛成、×反対、△党内で意見が分かれている)

維新が国政政党になるには「所属する国会議員が5人以上」などが条件になる。その選定の場になるのが9日の公開討論...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン