/

経団連会長、就活4月解禁容認へ 正式要請あれば

経団連の米倉会長は就職活動の4月解禁を容認する考えを示した(8日、東京都千代田区)

経団連の米倉会長は就職活動の4月解禁を容認する考えを示した(8日、東京都千代田区)

経団連の米倉弘昌会長は8日の記者会見で、就職活動の解禁時期を大学4年生の4月にするよう政府から正式な要請があれば、容認する考えを示した。米倉会長は「政府の意向を粛々と受け止めて、会員に徹底することだと思う」と語った。一方で、「学生に動揺を与えないか。中小企業の採用にどんな影響を与えるか。よく考えるべきだ」と就活繰り下げへの懸念も改めて示した。

経済同友会の長谷川閑史代表幹事はこれまでに「我々の主張を後押しする話だ」と歓迎する意向を示している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン