2019年2月17日(日)

法務省通信拠点を分散化 直下型地震対策で首都圏集中見直し

2012/10/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

法務省は首都圏直下型地震が発生した場合に備え、同省と全国の出先機関などを接続する通信回線網を強化する。現在、首都圏のみにある同省の通信拠点を、2013年末までに関西など首都圏から十分に離れた場所に併設する。首都圏の通信環境が失われた場合でも、省内の情報ネットワークを維持することを目指す。

法務省は外部への情報漏洩を防ぐため、全国に千カ所以上ある所管施設(法務局、検察庁、矯正施設など)同士で電子情…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報