/

首相、東京五輪招致「祖父にならいたい」 評議会最高顧問に

安倍晋三首相は8日午前、首相官邸で日本オリンピック委員会の竹田恒和会長らの表敬訪問を受けた。竹田氏は2020年夏季五輪の東京招致に向けた政府の支援や、招致委評議会の最高顧問への就任を首相に要請。首相は支援を約束し、最高顧問への就任について「大変光栄で喜んで引き受けたい」と応じた。

首相は「祖父の岸信介元首相も(1964年の東京五輪招致に向けた)最高顧問を引き受けて成功させたので、私も成功させたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン