/

この記事は会員限定です

被災地で在宅勤務促す 総務省、システム開発に補助金

[有料会員限定]

総務省は2014年度から、東日本大震災の被災者が在宅勤務しやすい環境を整備する。都市部の企業から仕事を受注したりパソコンの使い方を学んだりするシステムの開発に補助金をだす。企業の被災で事務職を中心に求人が減ったほか、育児や介護で外出しにくい被災者も多い。在宅勤務の要望が増えているため、普及を後押しする。

震災から3年たち、被災者が働く場をつくることが課題として浮上してきたことに対応する。補助金を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン