/

自民、TPP対策委が13日に提言

環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る自民党内の調整を担うTPP対策委員会(西川公也委員長)は7日の会合で、自動車、医療、保険の3業界から交渉参加の是非について意見を聞いた。農林水産業界は聴取済みで、西川氏ら委員会幹部は同日夜、各業界や党内の意見を安倍晋三首相に伝えた。13日には首相あての提言もまとめる。

日本自動車工業会は会合で「早くTPPを締結して、少なくとも韓国に劣後しない競争環境にしてほしい」と要請。日本医師会と日本歯科医師会は国民皆保険制度の維持を求めた。かんぽ生命と全国共済農業協同組合連合会は「情報がない」として交渉参加への明確な判断を避けた。

6日に意見を聞いた農林水産業界からは「関税撤廃から外すよう求める重要品目をもっと具体化してほしい」との要望があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン