/

泊原発1・2号機の審査再開求める 北海道電力が補正申請

北海道電力は7日、安全性の評価が不十分だとして原子力規制委員会が安全審査を保留している泊原子力発電所(北海道泊村)1、2号機について補正申請をした。装置の不備が指摘され3号機の再稼働が大幅に遅れる見通しとなったため、中断していた1、2号機の審査再開を求める。

泊原発では3号機の審査が先行していたが、2月の審査で緊急時に原子炉を冷やす装置の配管不足が指摘された。工事は数カ月では終わらない見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン