首相補佐官、集団的自衛権容認「秋の国会に関連法案」

2014/1/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

礒崎陽輔国家安全保障担当首相補佐官は7日、日本経済新聞のインタビューで、夏までに集団的自衛権の行使を容認するため憲法解釈を見直す政府見解をまとめる方針を示した。そのうえで自衛隊法改正案などの関連法案を秋の臨時国会に提出したい考えを示した。

集団的自衛権は同盟国が武力攻撃された場合、自国への攻撃とみなして反撃する権利。歴代政府は国際法上保有するが、憲法上行使できないと解釈してきた。解釈変更に向け政…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]