加藤紘一氏「首相が決めたら誰も反対できない雰囲気」
(5月11日付朝刊政界面関連インタビュー)

(1/2ページ)
2014/5/11 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1996年の橋本龍太郎内閣発足から98年夏の退陣まで自民党幹事長を務めた加藤紘一氏に、橋本龍太郎首相の人事の手法などについて聞いた。

――自民党の歴代首相が慎重だった佐藤孝行氏の入閣を橋本氏は決断しました。

「メディアに多く議論があったテーマだ。『もうそろそろいいだろう』という自民党的な状況判断があったのは事実だ。『人の噂も七十五日』ともいう。佐藤さんの件はその判断が狂ったケースだ。世論もおさま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]