/

この記事は会員限定です

減価償却の見直し検討 政府税調、投資直後の税負担増

[有料会員限定]

政府は設備投資にかかった費用を何年かに分けてその分、法人税の負担を軽くする減価償却制度の見直しを検討する。投資直後に支払う法人税が少なくて済む「定率法」を縮小・廃止する案が浮上している。廃止すれば当初は企業負担が増え、法人税収は年間で最大5000億円前後増える。法人実効税率引き下げで失う財源の一部を取り返す狙いがある。

14日に開く政府税制調査会の法人課税専門委員会(大田弘子座長)で検討に入る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン