2019年1月21日(月)

国会閉幕、法案成立66%どまり 戦後5番目の低さ

2012/9/7 20:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

通常国会が7日、事実上閉幕した。最大の焦点だった消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法は民主、自民、公明3党の合意をもとに成立した。だが、政府の新規提出法案の成立率は約66%と戦後5番目の低い水準にとどまった。

与党は会期を大幅に延長して229日間を確保。現行憲法で3番目に長い会期にもかかわらず、野党による首相問責決議可決の影響などで国会が空転する場面が目立った。

政府が今国会に新たに提…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで


電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報