/

総務省、尖閣上陸認めず

総務省は7日、沖縄県石垣市が求めていた尖閣諸島への上陸を認めない方針を同市に伝えた。これまで上陸調査をせずに固定資産税を課税しており、島の現況にも変化がないと指摘。政府が「平穏かつ安定的な維持、管理」のため民間人から賃借していることなどを「総合的に勘案した」と説明した。

その他の視察や調査も国の機関を除き上陸を認めない所有者の意向を踏まえ、認めないと結論づけた。同市は昨年10月、固定資産税の実地調査などのため上陸を認めるよう政府に要請していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン