/

中小野党、内閣不信任・問責決議案を提出

(更新)

国民の生活が第一、共産、社民、みんなの党、新党きづな、新党日本の野党6党は7日夕、社会保障と税の一体改革関連法案の成立を阻止するため、衆院に内閣不信任決議案を提出した。また、国民の生活が第一、みんなの党、共産、社民など自民、公明を除く中小野党は7日夕、野田佳彦首相への問責決議案を参院に提出した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン