/

日本郵便、米ネット競売最大手イーベイと提携

日本郵政グループの郵便事業会社(日本郵便)がネットオークション世界最大手の米イーベイと業務提携することが7日、分かった。英語が不得意な日本人向けの出品支援サービスを日本郵便が来年春に始め、イーベイ関連の国際郵送料を現行より2~3割引き下げる。イーベイを通じた日本からの出品は現在でも可能だが、英語で手続きする必要があり、利用が頭打ちになっていた。

関係者によると、日本郵便によるイーベイ関連の国際郵便取扱量は現在でも、同業他社と比べて比較的多い。日本郵便は関連の取扱量が2~3年後に数百万個になるとみている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン