2019年8月26日(月)

自民、8日採決を一転容認 党首会談の開催探る

2012/8/7 14:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党は7日午前の役員会で消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案について、民主党が提案した8日の採決日程を一転して容認する方針を決めた。同党は早期の衆院解散の確約を法案採決の条件に掲げてきた。7日中にも野田佳彦首相と谷垣禎一総裁による党首会談の開催を探っており、解散などをめぐり首相の何らかの譲歩が必要と判断している。

石原伸晃幹事長は役員会後の記者会見で「波が静かで9、10月の景色が見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。