/

この記事は会員限定です

97年の中央省庁再編 大蔵改革、抵抗振り切る

元橋本首相政務秘書官・江田憲司氏

[有料会員限定]

――1996年1月に発足した橋本龍太郎政権で政務担当の首相秘書官に就きました。

「94年の村山富市政権で橋本通産相の事務秘書官だった。その後、首相になる時に『来てくれるか』と頼まれた。海部、宮沢内閣の時も内閣副参事官として官邸にいたが、政務の首相秘書官の影は薄かった。だから軽い気持ちで引き受けたのだが大間違い。極めて激烈な2年7カ月の秘書官時代だった」

縦割り行政排除

――なぜ橋本政権で中央省庁再編をやることにな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2903文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン