官房長官、河野談話見直さず 前駐日大使の発言受け

2013/5/7付
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は7日の閣議後の記者会見で、宮沢政権の河野洋平官房長官が旧日本軍による従軍慰安婦の強制連行を事実上認めた「河野談話」について「見直しを含めて検討という内容を述べたことはない」と述べた。シーファー前駐日米大使が見直しに慎重な姿勢を示したことを聞かれて答えた。「安倍政権としては、この問題を政治・外交問題にさせるべきではないというのが基本的な考え方だ」とも述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]