/

この記事は会員限定です

原子力規制委、原発ごとに安全策 電力会社に義務付け

[有料会員限定]

原子力規制委員会は電力会社に対し、原子力発電所の安全性を高める独自の計画を立てるよう義務づける。電力会社に報告書を提出させる制度の骨子案を今夏にも固め、12月から運用を始める。「規制の項目だけ守ればいい」という電力会社の消極的な姿勢が福島原発事故の背景にあるとみて、自主的に安全向上策を練り、成果を高めるよう促すのが狙いだ。

電力会社に提出させる報告書には、事故防止に必要となる設備の整備や人員体制の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン