政府、温暖化対策でアフリカ支援 7日表明

2011/12/7 1:30
保存
共有
印刷
その他

政府は地球温暖化対策に絡み、日本の2013年以降の対アフリカ支援策の指針と位置付ける「アフリカ・グリーン成長戦略」の骨子案をまとめた。温暖化に伴う干ばつなどへの対応を支援する狙い。防災分野などでアフリカとの緊密な協力を目指す。

第17回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP17)の日本政府代表団が7日(現地時間6日)に発表。12年10月に東京で開催される国際通貨基金(IMF)・世界銀行の年次総会までに詳細を決定する予定だ。

同戦略はアフリカでの森林減少が干ばつや洪水を引き起こすなど、気候変動に伴う災害への対応が課題になっていると指摘。エネルギーや農業、防災など7分野で支援が必要になるとした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]