/

日本、モンゴルと2国間クレジットで合意

【ドーハ=福士譲】第18回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP18)出席のためカタールに滞在中の長浜博行環境相は6日、現地でモンゴルのオユーン自然環境・グリーン開発相と会談した。省エネ技術などを提供する見返りに排出枠をもらう「2国間クレジット制度」の導入で合意した。年内に正式文書に署名する。来年4月に対象事業の承認やクレジットの発行などを担う合同委員会を発足させる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン