比例40減方針、民主が確認 衆院選挙制度改革

2012/11/6付
保存
共有
印刷
その他

民主党は6日、政治改革推進本部(本部長・安住淳幹事長代行)の役員会を開いた。通常国会で廃案になった同党の衆院選挙制度改革法案の内容を踏襲する方針を確認した。小選挙区の1票の格差是正のための「0増5減」に加え、比例代表定数の40削減、一部連用制の導入が柱。週内に開く同本部の総会にはかる。党内には自民、公明両党との早期合意を優先して「0増5減」部分を切り離して臨時国会に法案を提出する案が出ている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]