子ども手当、半額は「現物給付」 民主研究会が提案

11年度から

2010/5/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民主党で参院選公約を検討する国民生活研究会は6日、衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた月額2万6000円を支給する子ども手当のうち、2011年度から増額する1万3000円分を、当面、子育て支援につながる保育施設の整備などの「現物給付」に充てる提案をまとめた。実現すれば、全額現金支給としていたマニフェストの大幅な修正となる。

消費税を含む税制抜本改革については鳩山由紀夫首相の方針を尊重しつつ、2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]