国家公務員の定年延長、60歳超は給与3割減 人事院素案
13年度着手、管理職からも退く

2011/8/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国家公務員の定年延長に向け、人事院がまとめた新人事制度の素案が6日、明らかになった。公的年金の支給開始年齢引き上げに合わせ、現在は60歳の定年を2013年度から3年ごとに1歳ずつ上げ、25年度に65歳にする。人件費の膨張を防ぐため、60歳超の給与は年収ベースで50歳代後半より約3割削減し、60歳になると管理職を外れる役職定年制も導入する。

人事院によると、60歳超の職員の給与は同様の制度を導入し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]