菅首相「非核三原則堅持」 核抑止力は「必要」

2010/8/6付
保存
共有
印刷
その他

菅直人首相は6日午前、広島市での「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」であいさつし「我が国は核兵器のない世界の実現に向けて先頭に立って行動する道義的責任を有している」と強調した。「非核三原則を堅持することを誓う」とも表明した。広島市内での記者会見では「大量破壊兵器の拡散など不確実な要素が存在する中で、核抑止力は引き続き必要だ」と指摘した。仙谷由人官房長官は記者会見で、非核三原則について「改めて法制化する必要はない」との考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]