/

新潟知事、東電の柏崎再稼働案「絵に描いた餅」

東京電力がまとめる新しい総合特別事業計画で柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の再稼働時期を2014年7月とする案が浮上していることに対し、新潟県の泉田裕彦知事は6日の記者会見で「何の根拠もない。絵に描いた餅だ」と批判した。

知事は「福島第1原発事故の検証と総括が先だ。これをやらないで運転再開をいつにするというのはあり得ない」と改めて強調。福島第1原発の汚染水問題への対応が後手に回っている状況にも触れ「スキームに問題がある。経営的な理由で遅れている。お金が優先されている疑いが消えない」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン