/

オスプレイ訓練の大阪移管提案 官房長官「検討」

安倍晋三首相と菅義偉官房長官は6日午前、首相官邸で日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)と会談した。橋下氏は在日米軍が沖縄に配備している垂直離着陸輸送機オスプレイの訓練の一部を本州に移管するよう要請。受け入れ先として大阪府八尾市の八尾空港を提案した。

首相は「沖縄の負担軽減は全国で考えていくべき課題だ」と述べた。菅長官は橋下氏の提案について「しっかり考える」と答えた。

会談には維新の松井一郎幹事長(大阪府知事)と、維新傘下の政治団体「大阪維新の会」と政策協定を結んだ沖縄の地域政党「そうぞう」の下地幹郎代表が同席した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン