/

この記事は会員限定です

米国防次官補「確実性を優先」 普天間日米合意で

[有料会員限定]

来日しているリッパート米国防次官補は6日、米軍施設・区域の返還計画に関する日米合意で普天間基地の返還時期を明記しなかった理由について、確実に実行できる行程表作りを最優先したとの立場を示した。都内での日本経済新聞などのインタビューで語った。同氏はアジア太平洋の実務責任者で、返還計画の交渉にも当たった。

普天間返還時期の明記に米側が難色を示したとの見方に関しては「日米双方とも過去の失敗をくり返...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン