/

この記事は会員限定です

地方の既得権に矛先 経済疲弊で不満募る

[有料会員限定]

愛知県知事選と名古屋市長選のダブル選挙で浮き彫りになったのは、地方行政や地方議会といった既得権益への不満が、閉塞感を打破できない既成政党への失望と重なった点だ。

「河村たかし氏や橋下徹大阪府知事が『地方議員は民意を代表していない』という意識を有権者に植え付けた。地方議員は何をしているのか分からないという空気がある」。愛知県選出の民主党衆院議員の1人は今回の選挙戦をこう分析する。

愛知県では2007...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り299文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン