/

この記事は会員限定です

霞が関オフザレコード 厚労次官人事に2つの同情論

[有料会員限定]

厚生労働省の新しい事務次官に村木厚子氏が就いた。霞が関全体でも女性次官の誕生は16年ぶりで、まだ2人目だ。女性の活躍促進を成長戦略の柱に据えた安倍晋三政権にとって、この夏の目玉といえる人事になった。

村木氏の次官就任が伝わった6月中旬。省内には衝撃が広がった。そろって口にしたのは「なんで今年なんだ?」。省内では大谷泰夫厚生労働審議官(当時)をまず次官に昇格させ、村木氏をその後任に据え、14年に村木...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン