秘密保護法案、維新・みんな棄権 野党の賛同得られず

2013/12/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民、公明両党は5日の参院国家安全保障特別委員会で、特定秘密保護法案の採決に踏み切った。与党と共同で修正法案を提出した日本維新の会、みんなの党は採決を棄権した。6日の参院本会議でも棄権する方針だ。与党は同法案の成立に強い意欲を示す安倍晋三首相の姿勢を踏まえ、6日までの会期内成立にこだわった結果、野党の賛同を得られなくなった。

「ふざけるな」

「何をやっているのか分かっているのか」

5日夕、参院国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]