2019年1月22日(火)

中国大使に木寺氏 人選難航で窮余の策
外務省OB、相次ぎ辞退

2012/10/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西宮伸一駐中国大使の急死後、難航していた新大使の人選が5日、ようやく決着した。外務省の次官経験者らが浮上しつつも相次ぎ辞退された末に、行き着いたのは内閣官房副長官補就任から1カ月も経ていない木寺昌人氏だった。政府は首相官邸から次官級を送り込むと強調し尖閣問題の打開を探るが、中国の姿勢は硬く、関係修復への道は険しい。

1976年に外務省に入省した木寺氏はフランス語専攻。タイやフランスの公使を務めた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報