/

この記事は会員限定です

原発再稼働申請で規制委、審査体制を増強へ

[有料会員限定]

原子力規制委員会は審査体制を増強する方針だ。事務局の原子力規制庁には3チーム、計80人を編成済みだが、審査の経験のある職員を中心に増員を検討している。

1チームで審査できるのは原則1原発。関電大飯3、4号機のように同型の2基は同時に審査可能だが、現状は3原発の6基が限界だ。増員しても「全基には対応できそうにない」(規制庁幹部)という。規制委は審査の選抜基準を公表していない。ある電力会社幹部は「(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン