/

この記事は会員限定です

衆院選情勢調査 調査と予測の方法

[有料会員限定]

日経リサーチが12月4~5日、福島県の一部地域を除く全国の有権者15万8172人を対象に電話で実施した。1小選挙区ごとの目標回収数を350人とし、10万1167人から有効回答を得た。回答率は64.0%。

乱数番号(RDD)方式で、全国で稼働中のすべての固定電話番号から43万4734件を無作為抽出。回答者は世帯内の有権者から1人を無作為に抽出した。

政党別の獲得議席数は、日本経済新聞社が過去に実施し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン