集団的自衛権「反対姿勢明確化を」 民主・菅元首相ら

2014/6/5付
保存
共有
印刷
その他

民主党の菅直人元首相や赤松広隆衆院副議長ら15人は5日、国会内で安倍晋三首相がめざす集団的自衛権の行使容認に反対する集会を開いた。会合では今後も海江田万里代表を支える考えで一致。11日の党首討論で政権との考えの違いを明確にするよう海江田氏に求める方針も決めた。

民主党は憲法解釈の変更に反対する党見解をまとめたが、行使の賛否は明確にしていない。行使容認を求める党内の保守派に加え、慎重派も執行部への働きかけを強めている。会合を主催した近藤昭一氏は「そろそろ覚悟を決めて頑張ってもらわないと失望する」と執行部に注文をつけた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]