米・EU、イラン制裁で歩調 日本は対応苦慮
イラン原油調達、1月は3割減

2012/1/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

核開発を進めるイランに対して欧米が経済制裁を強める中、日本政府やエネルギー業界が対応に苦慮している。原油調達の1割近くをイランに頼るため、欧米と歩調を合わせて原油輸入禁止や資金取引の停止に踏み切るのは簡単ではない。石油会社がイランとの取引を縮小する動きも出始めているが、代替調達に伴うコスト増で実体経済に影響が出る可能性もある。

欧州連合(EU)は月内にもイラン産原油の禁輸を決める。イランが対抗措…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]