退陣カードに2次補正… 首相、瀬戸際の条件闘争

2011/6/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

菅直人首相は5日、夏の退陣が避けられなくなったと判断し、野党との条件闘争に転じた。東日本大震災からの復旧・復興に向けた2011年度第2次補正予算案、予算執行に必要な赤字国債発行法案、消費増税を含む社会保障と税の一体改革それぞれに道筋をつける意向。長期続投をあきらめる代わりに難題を前進させる思惑だが、大連立論など与野党で次の体制をにらむ動きが加速する中、かすんでいる。

「原子力発電所の冷温停止が退…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]