日中韓3カ国で投資協定 知財保護を強化 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

日中韓3カ国で投資協定 知財保護を強化

5月に首脳合意

[有料会員限定]

日中韓3カ国は外国企業の知的財産権の保護や投資の自由化などのルールを定めた投資協定を締結する。5月に都内で開く日中韓首脳会談で最終合意する見通しだ。3カ国間の直接投資が活発化していることから、外国企業に課す規制を緩和し、互いに投資しやすくするのが狙い。3カ国の自由貿易協定(FTA)締結に向けた産学官の共同研究の終了時期も「年内」に1年前倒しし、来年から政府間交渉を始めたい考えだ。

日中韓投資協定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません