2019年9月17日(火)

中国軍拡、首相「必要なら懸念伝える」 南西諸島に陸自配備も

2010/9/5付
保存
共有
印刷
その他

菅直人首相は5日のNHK番組で、中国の軍事力について「海上における兵力増強をかなり積極的に進めている。あまり過大な海軍力の増強については注意深くみて、必要があれば懸念を伝える」と表明した。中国海軍が日本周辺海域での活動を活発化させていることを踏まえ、南西諸島へ陸上自衛隊の部隊を配備する考え方に関しても「一つの検討課題だ」と前向きな考えを示した。

小沢一郎前幹事長は同番組で、中国が領有権を主張する尖閣諸島(沖縄県石垣市)に触れ「歴史上、中国の領土になったことは一度もない。そういう主張もしっかりしないといけない」と述べ、毅然(きぜん)とした対応が必要だと指摘した。

小沢氏は今回の代表選出馬にあたり「日韓、日中関係は日米関係に次ぐ重要な2国間関係」と表明。日米中の3カ国がバランスの取れた正三角形の関係であるべきだとの「正三角形」論からは距離を置いている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。