/

再生医療2法案、衆院を通過

(更新)

iPS細胞を使う再生医療の実用化に向けた薬事法改正案と再生医療安全性確保法案が5日午後の衆院本会議で可決、参院に送付した。再生医療技術を活用した製品の製造承認の審査が早まるようにするとともに、医療機関が患者から採取した細胞の培養や加工の企業委託を可能にする。再生医療分野への企業進出を後押しする狙いだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません