/

この記事は会員限定です

新枠組みを各国が13年提案 COP18、作業計画へ閣僚級会合

[有料会員限定]

【ドーハ=福士譲】カタールで開催中の第18回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP18)は4日、閣僚級会合を開いた。2020年以降の温暖化対策の新たな枠組みについては、事務レベルの協議を通じて各国が来年に提案することなどを盛り込んだ作業計画案がまとまった。閣僚級会合で合意を目指す。

閣僚級会合は7日まで予定する。現地入りした長浜博行環境相は4日、記者団に「全ての国が参加できるシステムを発効させる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン