/

首相、TPP交渉参加表明「米国と調整」

安倍晋三首相は4日のテレビ東京番組で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加について「米国側も国内や参加国への説明があり、お互いに平仄(ひょうそく)を合わせていく必要がある」と述べ、米国との調整を踏まえて表明する考えを示した。政府は2月末から3月上旬にも交渉参加を表明する日程を検討したが、自民党内の慎重論などを見極める状態が続いている。

首相は表明の時期について「そんなに時間を置くことはできない。しかるべき時に、あまり先の話ではないが決めていきたい」とも語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン