JR北海道社長に島田氏 再生へ対労組姿勢に注目

2014/3/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

事故や不祥事が続く北海道旅客鉄道(JR北海道)の経営陣刷新がようやく固まった。政府は2年前まで営業や総務を担った元常務をグループ会社から社長に呼び戻し、会長には安全管理に詳しい東日本旅客鉄道(JR東日本)のOBを充てる人事を内定。問題の労務と安全で社内外の人材を組み合わせるが、抜本再生への課題はなお山積する。

社長にJR北海道元常務の島田修・JR北海道ホテルズ社長(56)、会長にはJR東日本元常…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]