2019年2月24日(日)

石原新党、22人で船出へ 橋下グループは38人

2014/6/4付
保存
共有
印刷
その他

新党準備会設立で記者会見する(前列右から)山田宏、石原慎太郎、平沼赳夫の各氏(4日午後、東京都千代田区)

新党準備会設立で記者会見する(前列右から)山田宏、石原慎太郎、平沼赳夫の各氏(4日午後、東京都千代田区)

日本維新の会の石原慎太郎共同代表は4日、都内のホテルで自らを支持する党所属議員と会合を開き、分党後の新党結成に向けた準備会の設立を決めた。新党への参加議員は平沼赳夫国会議員団代表や山田宏氏ら22人を確保した。7月下旬の新党設立をめざす。結いの党との合流に動く橋下徹共同代表のグループは4日時点で38人となっている。

石原氏は会合後に記者会見し「本当の保守、新しい保守を実行していきたい」と述べ、党名や綱領、規約について協議する新党準備会の設立を発表した。準備会の座長には山田氏が就任。綱領や政策の基礎となる柱に「自立」「新保守」「次世代」を掲げた。

維新の党所属議員62人は5日夕までに分党後の所属先を松野頼久国会議員団幹事長に届け出なければならない。別の新党を一時模索した「中間派」の中田宏氏は4日、記者団に「石原グループでやっていく」と語った。衆院1回生の西岡新氏は維新を離党し、当面は無所属で活動する意向を示した。

旧太陽の党出身で石原氏と行動をともにしてきた片山虎之助参院議員団会長は橋下氏の新党に加わる。アントニオ猪木参院議員はなお意思を明らかにしていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報