/

橋下氏、みんなの党との関係修復に意欲

日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は4日、合流交渉の決裂で悪化したみんなの党との関係について「第三極が一つの塊として有権者に選択肢を提示するのが本来のあり方だ」と述べ、関係修復に意欲を示した。「仲たがいしたとの誤ったメッセージは正さないといけない。政策は一緒なので(問題は)その実現方法、党の運営方法だ」と語った。

一方、維新幹事長の松井一郎大阪府知事は「みんなの党とは考え方が一緒。覆水盆に返らずだが、一緒になるのが一番良かった」と指摘。その上で、選挙協力の可能性について「みんなの党の候補者がどういう人か知らない。人物を見させて頂いたうえでじゃないと決められない」と述べ、含みを持たせた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません