/

この記事は会員限定です

薬のネット販売、ルール後追い 参入条件など焦点

[有料会員限定]

インターネットによる医薬品販売のルール作りが現状を後追いする事態になっている。最高裁がネット販売を禁止した厚生労働省の省令を無効とする判決を出した後、一般用医薬品(大衆薬)の販売が事実上の解禁状態となり、ネット通販業者が相次いで販売を始めた。厚労省は一定のルールは必要との立場から、14日に開く検討会で議論を始めるが、業者には再規制への警戒感が広がる。

増えるネット販売

最高裁の判決を受けて原告のケンコーコムなど2社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン