/

この記事は会員限定です

政府・自民、武器輸出三原則の再緩和論

[有料会員限定]

政府・自民党内で、武器輸出三原則の再緩和論が強まってきた。日本が開発や生産に関わった武器が「紛争当事国かその恐れのある国」に米国経由で将来輸出される可能性が出てきて、三原則に抵触するのではないかとの見方があるためだ。第三国に移転する場合の事前同意の基準明確化などが浮上している。

武器輸出三原則は民主党の野田佳彦政権が国内の防衛関連企業の育成などを目的に2011年に緩和。日本と協力関係にある国と武器...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン